ムダ毛の処理はカミソリ?毛抜き?それとも脱毛サロン?

脱毛サロンで脱毛するのが良いとは聞くけれど、別にそこまでしなくてもカミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりしていれば良いのでは? と思っている人も少なくないでしょう。

 

実際に、カミソリや毛抜きによる脱毛は「費用があまりかからない」などのメリットもありますので、一概に悪い方法というわけでもありません。

 

そこで、このページでは脱毛サロンでの脱毛からカミソリによる除毛まで、様々な脱毛方法のメリットやデメリットをまとめました。

 

ムダ毛の処理にいつも頭を悩ませている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

カミソリで剃る除毛のメリット・デメリット

カミソリ

 

ムダ毛処理の王道と言えば、やはりカミソリによる除毛ですよね。

 

シンプルな1枚刃のT字カミソリではなく、3〜4枚刃くらいで滑りも良いものを使っている人が多いのではないでしょうか。

 

商品としてはジレットヴィーナスが有名でしょうか。CMを見たことがある人も多いと思います。

 

メリット

カミソリによる除毛のメリットは、何と言っても手軽なことです。ムダ毛が伸びてきたらスッとカミソリを滑らせれば簡単に除毛が完了します。お風呂に入りながら行えるのが楽で良いですよね。

 

処理したすぐ後は肌がツルツルの状態になるので、手触りも含めて自信を持てる肌になります。

 

また、カミソリ代だけで除毛ができるので、費用があまりかからないところも嬉しいポイントです。

 

デメリット

カミソリのデメリットは、ムダ毛の復活が早いことです。

 

ムダ毛の肌表面に出ている部分をカットする処理方法なので、比較的すぐにまたムダ毛が見えるくらい伸びてきてしまいます。

 

それだけ頻繁に処理を行わないとツルツルの状態をキープできないというのが大きなデメリットですね。

 

また、カミソリの刃でカットされた毛が伸びてくると、断面がチクチクして不快感があります。手軽ではあるものの、短期的な効果しか得られないのがカミソリによる除毛ということですね。

除毛クリームのメリット・デメリット

除毛中の脚

 

カミソリに並んで有名なムダ毛処理方法として、除毛クリームがあります。こちらは、化学的な成分によってムダ毛を分解(融解)することで除毛を行うアイテムです。

 

カミソリを使うのが好きではない人などは、除毛クリームを使用してムダ毛処理をしていることも多いですね。

 

有名な商品としてはヴィートがあります。

 

メリット

除毛クリームもカミソリ同様手軽に行える除毛方法ですが、カミソリにないメリットとして「カミソリで処理しにくいところも処理できる」というものがあります。

 

例えば背中などは、手がうまく回らなくてカミソリによる除毛は難しいですよね。除毛クリームなら、塗ることさえできてしまえば処理ができるので、こうした部位にも使いやすいです。

 

さらに、ムダ毛をカットして処理するわけではないため、毛が再び伸びてきてもチクチクしません。

 

デメリット

一方で、除毛クリームにもデメリットがあります。

 

まず、クリームを肌に塗って使用するため、体質によっては肌がかぶれてしまうなどする可能性があります。それを避けるために毎回パッチテストを行う必要がありますが、それが面倒だと感じる人も少なくないでしょう。

 

また、費用面でもカミソリなどより高くつくことが多いので、除毛クリームを使い続けるなら脱毛サロンへ行った方が良いと考える人もいるようです。

毛抜きのメリット・デメリット

毛抜き

 

ムダ毛処理の代表選手としては、毛抜きも挙げられます。

 

他の処理方法だとすぐにムダ毛が復活してしまうのが嫌で、毛抜きで頑張って処理をしているという人もいるのではないでしょうか。

 

メリット

毛抜きで処理をするとムダ毛が毛根から抜けるので、再度生え始めるまでに多少時間がかかります。ムダ毛のない状態が比較的長続きするというのは嬉しいですよね。

 

また、費用がほとんどかからない点もポイントが高いです。毛抜き自体は100円均一でも売っていますし、一度買ってしまえば長い間使い続けることができるので、ムダ毛処理にかかる費用としてはこの方法が一番安いでしょう。

 

デメリット

毛抜きによる処理のデメリットは、言わずもがな痛いことです。部位にもよりますが、時には涙が出るほど痛い思いをすることがあります。

 

それでいて1本ずつしか処理ができないので、慣れるまではかなり大変な思いをすることが多々あります。手間がかかるという点もデメリットですね。

 

また、無理矢理ムダ毛を引き抜くので、埋没毛などのトラブルが発生してしまうリスクもあります。

 

費用が抑えられるものの、リスクが大きく効率的でないのが毛抜きによる処理と言えそうです。

ヒートカッターのメリット・デメリット

知名度は低いですが、ムダ毛を処理するためのアイテムとしてヒートカッターというものもあります。先端がコーム状になっていて、そこにムダ毛を通して熱で焼き切るというアイテムです。

 

audorx Vライントリマー Vラインヒートカッター 除毛 脱毛 ムダ毛処理 アンダーヘア用 RH-1801

新品価格
¥2,980から
(2018/10/16 16:21時点)

メリット

熱で焼き切るという方法のため、切り口がチクチクしないというのが最大のメリットです。ヒートカッターを使用している人は、このメリットを求めている人が多いでしょう。

 

特にチクチクすると気になってしまうVライン・Iライン周辺で使用している人が多いですね。

 

他の部位はカミソリなどを使用して、VラインとIラインはヒートカッターで処理、という風に使い分けている人も少なくありません。

 

デメリット

大前提として、肌に当てて使用するものではありませんので、仕組み上ツルツルにすることはできません。ある程度の長さに整えるのが目的のアイテムなので、ツルツルの肌にしたい部分には向いていないのです。

 

肌に近づけすぎてしまうと火傷する恐れもありますので、あくまでも長さを整えるために使用するようにしましょう。

 

また、少しずつ焼き切っていくので処理に時間がかかるという点もデメリットです。

脱毛サロンのメリット・デメリット

脱毛サロン

 

さて、最後に脱毛サロンの脱毛のメリット・デメリットも見ていきましょう。脱毛サロンに行って専用の機材による施術を受ける方法ですね。

 

当サイトではシースリーなどをおすすめサロンとして紹介しています。

 

メリット

脱毛サロンで処理をする一番の利点は、「処理を続けるとムダ毛が目立たなくなってくる」という点ですね。通い続けるにつれて自己処理の手間が減っていくので、早めに行けばそれだけ今後楽できるようになります。

 

これまで述べてきた方法ではすぐにムダ毛が復活してしまいますが、脱毛サロンで施術を受ける場合はどんどんムダ毛の発育が抑制されていっていると感じるでしょう。

 

処理を行う回数が減れば、それだけ肌へのダメージも抑えられるので、肌トラブルに見舞われる可能性も減らせるかもしれませんね。

 

デメリット

脱毛サロンのデメリットとして真っ先に挙げられるのは、やはり比較的費用がかかる面でしょう。一般的にトータルで10万円単位の費用がかかるので、なかなか手を出せないという人がいるのも分かります。

 

ただし、今後の自己処理が減っていくことを考えると、今までの自己処理を続けた場合にかかる費用を削減できるというのは大きいです。将来的に手間を減らしていけるという点からも、やる価値は大いにあります。

 

なお、施術で輪ゴムをはじいたような痛みを感じるという人もいるので、痛みに弱い人は痛みが少ない脱毛方法を採用している脱毛サロンを選ぶなどする工夫が必要です。

まとめ

様々な除毛・脱毛の方法を見てきましたが、基本的には「安い方法だとムダ毛の復活も早い」という認識で良いのではないでしょうか。

 

こまめに自己処理を行えるという人であれば安い方法でも良いですが、その手間をかけ続けていくのが大変という人は脱毛サロンなどで施術を受けることをおすすめします。

 

それぞれの方法のメリット・デメリットを見比べて、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

全身脱毛